Home » Zen Viewer

Zen Viewer


Zen Viewer のビルド環境の構築

・ソースコード
https://bitbucket.org/Zena_Juran/zen-viewer/

上記ページでダウンロードするリビジョンを確認する.
最新のリビジョンのソースをダウンロードする場合はリビジョンの確認は必要ないが,この手のものは最新のリビジョンは開発中である場合が多いので,必ずリリースバージョンのリビジョン(またはタグ名)を確認する.

2012 7/13 時点での Zen Viewer の最新リリースバージョンは 3.3.5.2で,このリビジョンは 5656c8ff1397 である.なお,この時点での最新リビジョンは,リリースバージョンのリビジョンにタグ名を付けただけらしいので,この場合に限っては最新リビジョンでも可である.

3.4.1.1 の リビジョンは 20aa28d38d5f


・ダウンロード
CUI
コマンドプロンプトを起動し,ダウンロードするフォルダまで移動して hg コマンドを使用する.

例)ダウンロード箇所が D:\ の場合
 C:\Users\admin> D:
 D:\> hg clone -r 5656c8ff1397 https://bitbucket.org/Zena_Juran/zen-viewer


GUI
1. ダウンロードするフォルダの中をマウスで右クリックし,現れたメニューから 「TortoiseHg」→ 「Clone…」を選択する.
2. ソースは https://bitbucket.org/Zena_Juran/zen-viewer としターゲットはダウンロードするフォルダを指定する.フォルダ名とソースのフォルダと同じ名前にする場合にはターゲットのフォルダ名は省略しても良い.
3. オプションを開き.「このリビジョンまでクーロン」にダウンロードするリビジョン(v3.3.5.2は 5656c8ff1397)を指定.
4. 「クローンボタン」をクリックする.
 


・環境の構築
ソースコード付属の設定ファイル autobuild.xml は開発者のローカル環境用なので,インターネット環境用の設定ファイル mtsg_zen_autobuild.xml をダウンロードして,ソースのトップのフォルダにコピーする.
次に,以下のコマンドで,VC++ 2010用のビルド環境を生成する.

例)トップのフォルダが D:\zen-viewer の場合
 C:\Users\admin> D:
 D:\> cd zen-viewer
 D:\zen-viewer> set AUTOBUILD_CONFIG_FILE=mtsg_zen_autobuild.xml
 D:\zen-viewer> autobuild configure -c ReleaseOS -- -DUSE_KDU=FALSE

 

 



VC++ 2010 によるビルド(コンパイル)

・手順
1. atoubuild が正常に終了すると,トップのフォルダに build-vc100 というフォルダが生成される.
2. build-vc100 フォルダに移動し,ALL_BUILD.vcxproj をダブルクリックして VC++ 2010を起動する.
3. ソリューション構成を Release にする.
4. ソリューションエクスプローラーから Zen-bin を選択し,ビルドメニューから 「Zen-bin のビルド」 を選択してビルドを開始する.
5. ビルドエラーが発生した場合は,下記の注意事項を参照する.なお殆どのエラーはワーニングレベルを下げる事によっても回避できる.
6. ビルドが成功すれば,build-vc100\newview\Release に ビューアが構築されるので確認する.
7. ビルドされたビューアはそのままでは起動しない.既にインストール済みの同じビューアのフォルダにコピーして起動する.
 

・注意事項
1. もし 文字コードに対するワーニングエラー:warning C4819, error C2220 が出た場合は,該当ファイルをエディタで開いて UTF-8(BOM付き)で保存し直す.
2. 特に collada の1.4-dom のヘッダファイルはどのビューアでもエラーが発生するので,問題のあるファイルをUTF-8(BOM付き)で保存し直したものを以下に載せる.ダウンロード・解凍後,解凍フォルダの packagesbuild-vc100\packages に上書きしてからビルドを行う.

3. dom のファイルの他に,v3.3.5.2 で文字コードのエラーを起こすファイルは以下の通りである.

build-vc100\packages\include\boost\type_traits\detail\has_binary_operator.hpp
newview\fsareasearch.cpp
newview\fsareasearch.h
newview\lslpreproc.cpp
newview\lslpreproc.h
newview\zendata.h
newview\tests\lltranslate_test.cpp

4. 以上を修正しても v3.3.5.2 のソースコードは16個程度のエラーが発生するが,slvoice.exe のコピーエラー(?)やテストコードのエラーなどなので,ビューアのビルドには成功する.

 

コメントを残す

登録 ログイン