Home » Setting of VC++ 2010

Setting of VC++ 2010

VC++ 2010の設定

・ツールの表示設定 (VC++ Expressのみ)
メニューの「ツール」→「設定」で「上級者用の設定」をチェックする.
 

・並列処理のパラメータ設定
1. メニューの「ツール」→「オプション」→「プロジェクトおよびソリューション」を選択
2. 「ビルド/実行」をクリック.もし「ビルド/実行」が表示されていなけれな,下の方に全てのメニューを表示するためのチェックボックスがあるので,それにチェックを入れる.
3. 「並列にビルドするプロジェクトの最大数」を にする.ただし,これは念のための処理なので,大体においては1でなくとも,コンパイルは可能.


・ディレクトリのグローバル設定
VC++ 2010からディレクトリのグローバル設定のやり方が変わったので注意.

1. 適当なプロジェクトをオープンするか,新規に作成する.
2. プロパティマネージャを表示する.
3. プロパティマネージャの上部で,プロジェクト名の階層項目をオープンする.
4. 「Release」→ 「Microfot.Cpp.Win32.user」を右クリックして,プロパティをオープンする.
5. 「VC++ディレクトリ」をクリック
6. 「実行可能ファイルディレクトリ」に以下を追加

$(ExecutablePath)
$(DXSDK_DIR)
$(WindowsSdkDir)\Bin
C:\cygwin\bin
$(SystemRoot)
注)C:\cygwin\bin は不要かも

7. 「インクルードディレクトリ」に以下を追加

$(WindowsSdkDir)\Include
$(WindowsSdkDir)\Include\gl
$(DXSDK_DIR)\Include

8. 「ライブラリディレクトリ」に以下を追加

$(WindowsSdkDir)\Lib
$(DXSDK_DIR)

コメントを残す

登録 ログイン