Home » Needed Software

Needed Software

 

必要なソフトウエア

・VC++ 2010
無料試供版の Expressでも可 (ExpressではMFCが使用できない).
Express:  http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/express/default.aspx
Express を使い続けるには登録キー(無料)を入力する必要がある.


・Visual Studio 2010 Service Pack 1
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/confirmation.aspx?id=23691


・Windows SDK for Windows 7
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8279

Windows 8 用は http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh852363.aspx


・DirectX SDK (June 2010)
http://msdn.microsoft.com/en-us/directx/aa937788


・QuickTime SDK
https://developer.apple.com/quicktime/ (登録が必要)
Viewer によっては autobuild 時に自動的にダウンロードされる.
最近の Viewer では必要ないかも.


・TortoiseHg
http://tortoisehg.bitbucket.org/ja/
分散型バージョン管理システムMercurialのフロントエンド.
Mercurial管理のソースコードをダウンロードするのに必要. TortoiseHg は GUIだが コマンドラインでも使用可能.


・msysgit
http://code.google.com/p/msysgit/downloads/list
ソースコードが Gitで管理されている場合は TortoiseHg でなくてこちらを使用する.
インストールでは 「Run Git from Windows Command Prompt」,「Checkout Windows-style, commit unix-style line endings TorToiseGit」を選択する.
msysgit はCUIなので,GUIを使用したい場合はさらに TortoiseGit(msysgit のGUIフロントエンド) をインストールする(インストールを推奨).
TortoiseGit: http://code.google.com/p/tortoisegit/ (ただし,最新バージョンの日本語化ファイルは無い[2012 7/20])


・cmake 2.8
http://www.cmake.org/
ソフトウェアのビルド用ツール.
インストール中にコマンドのPATHを設定するための選択肢が表示されるので,自分(管理者)かまたはユーザ全員にPATHが設定されるようにする.


・Python 2.7
http://www.python.org/download/
Pythonインタープリタ.ビルド環境の構築などに使用する.
C:\Python27\ がPATHに登録されている必要がある.


・Cygwin
http://www.cygwin.com/
Windows で動作する Unix環境.setup.exe をダウンロード・実行して.必要な環境をそれぞれインストールする.
インストール時の指定はほぼデフォルトでOK.ダウンロードサイトは日本のサイトを適当に選択する.
デフォルトに加えて,unzip, bison, flex, patchutils , curl が必要.各ソフトウェアを Search から探して,インストールするように設定する(Defaultの文字をクリックしてInstallに変える).
もし間違えても後で追加インストール(アンインストール)することが可能(setup.exeを再起動).
C:\cygwin\bin\ がPATHに登録されている必要がある.


・autobuild
http://hg.secondlife.com/autobuild/
Viewer のコンパイル用環境の構築ツール.
コマンドライン hg clone http://hg.secondlife.com/autobuild/ でダウンロードする(TortoiseHg のGUIでもダウンロード可).
ツールの性格上,C: ドライブにインストールすることをお勧めする.
ダウンロードした autobuild\bin にはコマンドPATHを通す必要がある.

例)
 C:\Users\...> cd \
 C:\> hg clone http://hg.secondlife.com/autobuild/

 

・PATHの設定
autobuild, python, cygwin にはPATHを設定する必要がある(cmakeはインストール時に設定していれば不要).
「コントロールパネル」→「システム」→「システムの詳細設定」で「詳細設定」のタブを選択し,「環境変数」ボタンを押す.
変数の PATH を選択し,編集ボタンを押して PATHに 「;C:\autobuild\bin\;C:\Python27\;C:\Cygwin\bin\」 を追加する (x64の場合は C:\Cygwin64\bin\).


・エディタ
コンパイル時の文字コードのエラーの対策用に,UTF-8 の BOM付きでテキストを保存できるエディタを用意する.
私は EmEditor Free 6.00.4 を使用している(ダウンロードリンクは一番下の方).

 

 

 

オプション

・Unicode NSIS (Nullsoft Scriptable Install System)
http://code.google.com/p/unsis/downloads/list
パッケージインストーラー. コンパイルするだけなら不要.今回はパッケージ作成の解説はしない.


・Visual C++ 2010 Redistributable Package
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=5555
VC++ 2010 の再配布用ランタイム.VC++ 2010 をインストールしていないマシンで,VC++ 2010 を使ってコンパイルしたプログラムを実行するために必要.

 

No Comments

Trackbacks/Pingbacks

  1. FireStorm Viewer のビルド & サイズ制限解除(1024mまでok,メッシュも) | Picolix Design - [...] パイルする環境が必要です。 こちらを参考に必要なソフトウエア htt…

コメントを残す

登録 ログイン